断食ダイエットは注目のダイエット方法のひとつです。

断食とは一定期間食事をしないことです。

一般的に断食といえば、自分の考えを世間に訴えるため、抗議のため、宗教的な儀式や修行のひとつとして実行されてきたものでした。

近年では期間を区切って行う断食の健康効果などが見直され、ダイエットやデトックスのために行う断食に関心が集まっています。

体調を整えるために、断食をして内臓器官を休ませることによってダイエットをする方法が断食ダイエットです。

1日3食の食事をしている限り、胃、小腸、大腸、肝臓、すい臓などはそれぞれ休みなく動いています。

機能を上げるために有効なのは、内臓を数時間休ませることです。

断食によって、体内から排出されきれていない老廃物や宿便を出す効果が期待できます。

便秘の改善をすることは、ダイエット時にポイントになるものです。

すっきりとした腸に改善することで下腹に出っ張りがへこんだという人もいるようです。

ダイエットを目的とした断食は1日だけ、半日だけというプチ断食もあります。

断食ダイエットには、水以外は何も食べない方法だけではなく、フルーツジュースや酵素飲料のみといったダイエット方法もあるそうです。

断食ダイエットは体の内側から働きかけて痩身効果を得られる優れた方法です。

断食ダイエットをする場合に気をつけたいのは、しっかりとした知識をもって正確な方法で行わなけければ健康を害することがあるということです。

プチ断食は人気のダイエット方法

プチ断食ダイエットとは、短期間の食事制限によって痩身効果を得るというものです。

脂肪を燃やすために、カロリー摂取を中断させるという方法ではないといいます。

体の中に蓄積されていた有害な物質や溜まった便を排出し、内臓の消化活動をしばらく休めることで体調を整える意図があります。

さまざまなプチ断食ダイエットの方法があるといいます。

朝は食べて、昼食と夕食は食べない半日間の断食や、土日に食べない週末断食などがあります。

プチ断食の方法もいろいろあり、断食中に水のみ摂取するものや砂糖水のみ摂っても良いというものもあるそうです。

基本的には固形物を体の中に入れず、内臓器官を休ませることが大事です。

いつも通りの生活をしながらきちんとした断食を行うことは厳しいのが事実です。

身体にも長い期間の断食は負担をかなりかけることになるでしょう。

プチ断食によるダイエット方法は、普段どおりの生活を送りながら、体へ負担をかけずに行うことができるダイエット方法といえます。

食事量を前日から少なくするなど、急に始める日から食事を抜いたりしないようにして、徐々に体を適応させていきましょう。

プチ断食ダイエットができるのは、基本的に健康状態が良い人のみです。

どんな人でもプチ断食ダイエットが実践できるわけではなく、疲労気味の人や下痢で消化能力が低下中の人、病気を抱えている人は反対に体調が悪くなることがあるので注意したほうが良いでしょう。

断食ダイエットには回復食を

断食ダイエットは、食事を抜くことそのものより、断食後にどんなものを食べるかが大切です。

要注意なのは、どんな食事をするかがダイエットの結果を決めることになるということです。

断食ダイエットというと、とかく食事をしないことに目が向きがちです。

注意すべき点は、断食終了直後の体はリバウンドしやすくなっているという事です。

頑張って断食ダイエットをしたのに、その後でまた体重がリバウンドしてしまったらダイエットが無意味になってしまいます。

断食状態が続いた体はエネルギー不足に陥っており、脂肪を貯め込みやすくエネルギーが燃えにくくなっています。

通常時よりも脂肪として蓄積しやすくなるといえるのが、断食ダイエットの直後にした食事なのです。

断食ダイエット後は、すぐに通常食に戻すのではなく、回復食を食べる移行期を挟む必要があります。

移行期間は慎重に回復食の摂取を実践することが不可欠で、断食をした日数の2倍はかかるといいます。

回復食のメニューには気をつけるようにしなければなりません。

2日間断食をした人は、4日間に渡って回復食を食べるという具合です。

回復食のメニューにぴったりなのは消化の良いスープやお粥などです。

時間をかけてよく噛んで食べることと、断食の後は舌が敏感なので薄味を心がけることが大切です。

回復食では食べすぎないように気をつけましょう。

やっと終わった断食後に口にするものは美味しいのですが、食べ過ぎてリバウンドをしてしまう危険性があるので、要注意だといえるでしょう。